eto's blog

理系院卒サラリーマンのデータドリブン投資への道

投資初心者が一緒に学べるブログを目指します!

【テンバガー候補】マザーズ株価500円以下の企業を調査してみた

こんにちは。マザーズ投資調査中のえとー (@raditarooo)です。

 

以前の投稿でマザーズ市場が魅力的であることをお伝えしました。

u-seto.hatenablog.com

 

今回は、以前の投稿でお伝えしたテンバガーの特徴でフィルタリングした企業とその中でも特に魅力を感じた企業について書きたいと思います。

 

f:id:u-seto:20210501234317j:plain

投資イメージ

フィルタ1: 株価が安いの株を探す 

まずはテンバガーの特徴の一つである株価が安いという特徴でフィルタをかけていきます。

 

2021年5月2日現在の東証マザーズで500円以下の株をフィルタリングした結果、以下40社が残りました。

 

358社中40社なので全体の11%に当たります。

この中に将来のテンバガー企業があると思うとワクワクしますね。

 

知っている企業もいくつかありましたが、ほとんど知らない企業ばかりでした。勉強になります。

 

事業内容を見ていく中で一番印象的だったのが製薬・バイオ系の企業が多かったこと。

各企業がそれぞれ独自の方法でガンなどの難病への対抗策を日々模索していることを考えると、以下の事実がわかってきます。

  • 難病の治療というのは今後の社会をより豊かにしていくために必要不可欠な事業であること
  • それと同時に複数の企業が日々頑張ってもなかなか実現が難しくハードルが高いものであること

フィルタ2: バイオ系, IT系の株を探す

バイオ系は当たればテンバガーなんてレベルじゃないくらい株価が上昇しそうですが、当たることがなかなか難しそうなので今回はIT関連に絞ってフィルタリングをかけようと思います。

 

IT系と書くと結構幅広いので、IoTやデータ解析など次世代技術を使う事業を手がける企業のみを抽出します。

  • 生体認証事業:(株)ディー・ディー・エス
  • ICT, IoT事業:ITbookホールディングス(株)、(株)アプリックス
  • データ解析事業:データセクション(株)

二つのフィルタをかけることでついに企業数を4社まで絞ることができました。

 

これから更に調査を進めていきたいですが、今のところ事業内容だけを見て私が注目しているのは生体認証事業を行なっているディー・ディー・エスです。

 

急速に進んでいる情報化を考えると、情報の価値というものが今までよりも高くなります。

それと同時に情報を守る手段というものがより価値を持ってくることになり、生体認証のニーズが高くなることは予想できます。

 

あとはディーディーエスがその事業領域でどのような立ち位置なのか、それを調べていく必要がありそうです。

最後に

テンバガー候補を探すためにフィルタリングをかけていくと思った以上に企業数を絞ることができました。

 

果たしてこの中からテンバガーは本当に出てくるのか。楽しみにして見守っていきたいと思います。1年後答え合わせをしてみましょう!